パソコン所有者や絶対にしておくべきウィルス対策の基本について紹介

パソコンやスマホを所有している人は多いでしょうが、ウィルス対策を何もやっていない人はいませんか?ひとたびウィルス感染すると、パソコンが使えなくなったり、知り合いに迷惑をかけたりしかねません。そこでウィルス対策の基本について、以下にまとめました。

1.ソフトウェアをこまめに更新すべし

パソコンを持っている人はご存知でしょうが、更新するようにというメッセージが定期的に出てきます。これは内部のソフトウェアを最新バージョンにアップデートすることです。私たちはパソコンやスマホなどいろいろと操作して機能を使用しています。これはキーボードなどから入力した情報を処理することで成立します。その情報処理を担っているのが、ソフトウェアです。

・脆弱性のある所が攻撃を受ける

ソフトウェアは時間が経過すればするほど、脆弱性が発見されやすくなります。脆弱性とは一種の不具合です。この脆弱性のある部分を攻撃することでコンピューターウィルスに感染しやすくなります。ソフトウェアの更新とは、その脆弱性を修正するためのプログラムを組み込む作業です。ウィルス対策するためには、ソフトウェアの更新をマメに行う必要があるわけです。

2.対策ソフトを導入すべし

ウィルス対策の基本中の基本といわれているのが、ウィルス対策ソフトを導入することです。対策ソフトにはいろいろな機能があります。まず電子メールやCD-ROM、USBメモリなどの外部からデータを受け取る危機にウィルスが含まれていないかチェックする、コンピューターの中のデータを盗まれないようにするなどがあります。またウィルスに感染している場合、それを隔離・駆除できるようなソフトも見られます。

・ネットへの接続は危険

ウィルス感染するきっかけは、ネットに接続して外部と情報のやり取りをしたときです。ソフトを入れていないコンピューターで数分でもネットに接続すれば、感染する可能性はあるといわれています。ネットにアクセスするということは、それだけ危険の伴うことを理解しましょう。

3.まとめ

ウィルス感染するとコンピューターの中に入っていたファイルが壊れる、情報漏洩を起こすなど様々な不具合が起こります。また自分の端末から知らないうちにウィルスの仕込まれたメールが配られ、知り合いのパソコンも感染することも考えられます。自分を守るのはもちろんのこと、周りに迷惑をかけないためにもウィルス対策をすることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です