パソコンにウィルス対策ソフトを導入したい!選び方のポイントについて解説

パソコンやスマホなど、ネット接続できる環境にある人はウィルス対策ソフトを導入するのがおすすめです。今ではいろいろなメーカーからソフトが発売されていますが、何に注意して選べばいいかについて詳しく紹介します。

1.やはり重要なのは性能

ウィルス対策ソフトの選び方の中で無視できないのは、性能面です。最新のソフトを見ると、多段階でウィルスチェックや危険からの保護を実施しています。どれだけの脅威に対して性能を発揮するか見ていきます。ただし素人ではなかなか判断は難しいでしょう。第三者機関が個別のソフトの評価をしています。こちらの情報を確認してみるといいです。

・子供のいる家庭は有害サイト規制機能の有無を

子供がいる家庭は、お子さんもサイト閲覧をする機会があるかもしれません。子供には見せたくないサイトもいろいろとあります。そこでウィルス対策ソフトの中には、このような有害サイトをブロックする機能をつけているものもあります。また長時間ネットにアクセスしないように、使用時間を制限できるようなソフトも販売されています。

2.使い勝手の良さを確認

ウィルス対策ソフトを入れた途端、パソコンの動作が重くなったという話を聞きます。少し古いパソコンにソフトを入れると、一瞬フリーズしたのではないかと思えるくらいに動作が鈍くなります。もし少し古めのパソコンを使っているのであれば、軽いソフトを購入するといいでしょう。一方最新鋭のパソコンであれば、どのソフトを入れても動作に影響はほとんどないと思っていいです。

・インストール可能台数のチェック

ウィルス対策ソフトの中には、マルチデバイス対応のものも見られます。一つのソフトで複数の端末にインストールできるものです。パソコンを複数台持っている、スマホの方もウィルス対策しておきたいと思っている人は要チェックです。2~3台というソフトは少なからずありますし、中には10台以上の企業向けのソフトも販売されています。

3.まとめ

パソコンやスマホなどのネットに接続できるデバイスをお持ちであれば、ウィルス対策はしっかりしておいた方がいいです。パソコンやスマホは使えなくなったり、中で保存しているデータが失われたり、壊れたりする恐れもあるからです。そのためには専用のソフトをインストールしておくと、駆除などの対策を自動的に行ってくれるので安心です。上で紹介したポイントを意識しながら、自分にとってベストのソフトを見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です