スマホのウイルス対策について!スマホも万全の対策を

スマホは、もはや私たちの生活になくてはならないものです。携帯電話の機能を大きく超えて、おさいふ、定期、スケジュール管理、メモ、そしてパソコン・TVとしての機能などを備えているため、手元にないとその日の行動が大きく制限されて困ってしまう人は少なくないでしょう。しかし、そんなスマホのウイルス対策については、ほとんどの人が、あまり考えていないのではないでしょうか?

スマホにウイルス対策は必要なの?

一般的に、パソコンにセキュリティ対策が必要なことは周知されていますが、スマホについては、気にしたことがない人も多いのではないでしょうか。

結論を言うと、スマホでもウイルスに感染してしまう可能性はあります。ただ、スマホはパソコンに比べると、感染のリスクがかなり低いのです。というのも、スマホのOSは、アプリを「サンドボックス」という、重要なシステムから隔離した場所で、動作させるような形式をとっているため、もしウイルス感染しても、他のアプリや重要なシステムには影響しません。これがスマホの効果的なウイルス対策となっているのです。それでも、100%安全とは言えません。そのため、スマホにもウイルス感染対策は必要です。

スマホでは、アプリを入手して使用しますが、その中には不正なアプリがあり、これをインストールしてしまうと、ウイルスに感染してしまう可能性があります。そして感染すると、ネットバンキングやショッピングサイトでのパスワードや金融情報など、スマホ内の個人情報が盗まれたり、保管している画像を自動的に送信されたり、勝手に撮影されてしまうことさえあります。

iOSとAndroidのウイルス対策に違いはあるの?

スマホがiOSとAndroidでは、少し対策が異なります。iOSの場合は、インストールできるアプリがApp Storeのものに限られているため、Appleが許可したアプリしかインストールすることができないようになっています。こうした事情からiOSはウイルス感染にさらされるリスクが大変低くなっています。

一方Androidの場合は、公式アプリストアのGoogle Play以外からもアプリを入手できるようになっているため、審査されていない、いわゆる野良アプリを入手してインストールしてしまうと、ウイルス感染のリスクは一気に高まってしまいます。とは言うものの、現在のAndroidのセキュリティレベルの水準はかなり高いため、野良アプリの使用を避けることで、アプリを通してウイルスの脅威にさらされるリスクはかなり低くなると言えるでしょう。

まとめ

以上のことから、スマホはパソコンより感染のリスクは低いが、取り得る対策は自分で行うべきと言えるでしょう。下記にいくつかのウイルス対策を書き出してみました。

・OSを最新のバージョンにしておきましょう。そのためにも、自動アップデート機能を有効にしておくことをおススメします。

・アプリをダウンロードするときは、「App Store」「Google Play」のような信頼出来る公式サイトだけを使いましょう。

・iPhoneの場合、Apple IDを不正に使用されるのを避けるために、二段階認証を有効にしておくと良いでしょう。

・Androidの場合は、インストールできるセキュリティアプリがあります。ただし、無料の「偽物のセキュリティ対策アプリ」などには注意が必要です。